読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫とルクルーゼのある暮らし

日々いいものジプシー。猫に癒され、ルクルーゼに助けられる女のブログです。

子猫を育てるの巻。 猫用ベットなる代物が!

 

先日捨て猫を拾ってきた。

というより迷い子猫?なはずないか。

誰かが会社に子猫を置いていったと言うほうが正しいかもしれない。

 

生まれてすぐではないっぽいけど、ちょっと目力も弱いし、痩せている感じ。

本当は家に連れていって飼いたいけど、うちには一匹既に猫がいるから、2匹はだめだって(涙)

 

f:id:moca19:20130222111246j:plain

 

 

 

そんなこんなで、会社で飼うことに!

名前は、フユっこ。ふーちゃん。

 

というのもただ冬に生まれた子猫だから、わたしの中では冬っ子にした。

まわりのみんなは、チビスケとか、タマとかいってるけど(汗)

私の子猫はフユっ子なのだ。

って、実はオス(笑)

 

でも、子猫のわりに、目つきが子猫のクリッとした目じゃない。

なんか・・・色気を感じる猫だなぁ。

 

で、この写真がお気に入りの一枚。

 

f:id:moca19:20130222111316j:plain

 

 

うちにいる黒猫も捨て猫だったけど、拾ってきた時は手乗りしていたから、ふゆっこよりは小さかったような気がする。

 

でも、既に黒猫(クータロ)もうちに来て9年目くらいになるから、子猫をみると小さくて壊れそうって思う。

まぁ、半年もすれば猫の場合、成人猫と同じくらいの大きさになっちゃうんだろな。

 

でもまぁだ、ひとりでは上手に遊べなくて、四苦八苦している模様。ふふっ。

ミーティング中は私の膝の上で丸くなっているフユっこ。

周りはなんて言おうが、自分に懐く猫は世界でいちばん可愛いもんだ。

親〇かとは、わが子だけでなくペットにも当てはまることに頷ける。うん。

いや、人間と違って、口答えしない分余計に溺愛だろうな。

 

夜は会社にひとり置き去りだから、寒くないかな?ってちょっと心配しちゃったり。

なわけで、子猫用のベットなるグッツを探してみたら、今は猫も快適だろうなぁという代物ばかり出てくる出てくる。

ダンボールじゃかわいそすぎるし。。。

 

この猫用ベット、可愛いけどそれなりにお高いのね(汗)

専務にでもおねだりして買ってもらうか(笑)

 

 

 

これは猫ハウスだって。おしゃれだなぁ。

 

こんなおしゃれな猫ベットに似合う猫になってもらうために、まずは風呂に入れなければ!

また次回、子猫のふゆっこ成長日記をお楽しみにぃー。