読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫とルクルーゼのある暮らし

日々いいものジプシー。猫に癒され、ルクルーゼに助けられる女のブログです。

シリコン調理器具って本当に安全なの?

シリコン製調理器具って安全?

 

ここ近年何かといろんなものに使われているシリコン。

でも、熱が必要になる調理器具にシリコンって本当に安全なのでしょうか?

 

そこでまず、シリコン調理器具の特徴をみてみます。

 

シリコン調理器具の特徴は?

シリコン調理器具というのは、カラフルでデザイン性に凝ったオシャレなものが目を引き、キッチンにも映えるし、料理が楽しくなるようなものが多いです。シリコンの特徴といえば、ご存知のとおり、そのバツグンの柔らかさで、キッチンの収納にも場所を取りませんよね。

そして、マイナス30度~260度までの高温に耐えられるといった優れもの。冷凍も電子レンジもOK。そのシリコンの特徴を生かして、最近ではシリコン調理器具を使った油を使わないヘルシーな蒸し料理や、オーブン料理なども簡単にできるというのが、流行しています。

さまざまなシリコン製調理器具を利用して作るレシピ本もたくさん出版されています。

 

しかし、いくら便利で流行っているからといっても、小さなお子さんがいたりするとシリコン製調理器具って、熱によってシリコンに含まれる成分が溶け出ていないのか不安ですよね。どのくらい安全なのか気になるところです。

 

シリコン調理器具の安全性は?

シリコン製調理器具の安全性は、国民生活センターにも「高温の熱を加えることによって体に有害な物質が出ていないのか?」などといった問い合せもあるそうです。

厚生労働省の告示では、鉛やカドミウムなどの有害な物質が溶け出さないか検査することが義務付けされていいて、今のところはシリコン調理器具でのトラブルの報告はないそうです。

また、シリコンは珪石という天然の鉱物からできており、人体に有害な物質は含まれていないので、ひとまず安心とされていますが。

 

高温になるとシリコン樹脂由来のガス発生の可能性が!

シリコン調理器具は、100度ではシリコン樹脂に由来するガスは出ませんが、200度の加熱の場合、シリコン樹脂が分解してできたと推察される、人体への有害性は認められていないものですが、「環状シロキサン」という物質が発生します。

また、300度の加熱をした場合、シリコン製容器の変形は見られないものの変色します。

 

加熱温度を守って安全にシリコン調理器具を使う

シリコン製調理器具は、200度以上の加熱の場合になると、人体への有害性はないもののガスが発生する可能性があるので、調理する際には加熱温度に注意することが大切です。

また、シリコン調理器具は、油を使わないか又は少量の油で調理が出来るものなので、油を多く使用すると、シリコン容器の耐熱温度を超えてしまい、シリコン素材を劣化させてしまうこともあるそうです。

 

まとめ

シリコン製のキッチン調理器具は、安いものだと100円ショップでも購入できるし、高いものだといろんなブランドからも販売されていますが、安さに惑わされず、シリコン調理器具を購入する時は、しっかり素材を確認して、ちょっと値が張っても安心して使えるものを買うほうがよいと思います。